日曜プログラマの開発日記

KINESYS FreeStyleの付属品もお試ししてみました。

パームレストと角度調節のできるアダプタも売っていますので、
手に角度をつけることもできます。



角度を最大にしてみました。
2段階の角度調節が可能ですが、こんな感じで山のようになります。
さすがに、使いづらいです。


 


ちょっと低めにしてみました。
こちらが一番使いやすいですね。







本来は、パームレストがありますが、生地の感触が好きではないので、今は取り外しています。
ただ、取り外すと、若干、キータッチが微妙になりますので、つけていた方がよいと思います。
今、手ぬぐいをパームレストの上において利用しています。

ここは、プラスチックとかにしてほしかったです。


こちらが角度調節をするものです。個人的には、必須なような感じです。




こちらもあった方がよいですが、感触が微妙です。
汗っかきの私には、ちょっと厳しいような気がします。





セットになるとこんな感じですね。



エルゴノミクスキーボードは、なれると、結構、体が楽になりますので、プログラミングなどの
PCでの仕事は、金をかけていいものを使った方がよいと思います。

それでは。




 
       
★ランキング参加中★

我が家のわんこをぽちっ♪とねっ(別ウインドウで開きますよ~)

にほんブログ村へ
にほんブログ村

エルゴノミクスキーボードを使っていて、だいぶ肩がこらなくなりました。
今までは、Microsoftの日本語キーボード系をメインに使っていましたが、
昨今のUSB-Cへの切替で、トングルをつけて、USB-Aのキーボードを使うのが、耐えられなくなり、

KINESISデビューしてみました。

購入したのは、こちらのキーボードです。






私が探していたポイントとしては、USB-C問題を解決したかったので、
・Bluetooth接続であること
が絶対条件でした。

いろいろ検索しても見つからなかったのですが、ふとしたところから、やっとみつけました。

打鍵感は、Microsoftキーボードより、こちらの方が好きです。
音も想像以上に静かなので、家庭で利用していても問題ないと思います。



1)大きさ
Apple Wireless keyboardと
2つにわかれますので、コンパクトに思えますが、こうやって比較すると大きいですね。






右側です。左右両方に、スペースキーがあるのはうれしいですね。
キーは、こう見ると普通の英語キーボードの感じです。










左側です。ファンクション系のボタンが、左手の方に並んでいますね。
ESCキーが若干遠いような気がしましたが、その辺は、少し配置をずらしていこうと思います。






Bluetoothの接続ボタンです。
MacOSでかんたんに接続できました。
電池式ではなく、MicroUSB充電による充電式で稼働します。




次回は、パームレストなどのオプション品も買ってみましたので、その構成です。



       
★ランキング参加中★

我が家のわんこをぽちっ♪とねっ(別ウインドウで開きますよ~)

にほんブログ村へ
にほんブログ村


前回の続きです。

こちらのモバイルルーターを、BiglobeSIMで設定します。



 
SIMは、こちらを利用しました。
マイクロSIMで、SMS付を利用しないと、うまくいきませんので、ご注意ください。


 


SIMカードが設定されている前提です。

以下のように記載されている
SSID、Key、IPアドレスをメモしておきます。

該当のSSIDに接続したあと、
http://IPアドレス に接続します。




WEBコンソールの以下に接続します。

「Setting」をクリックします。




Profileを新規に追加します。

  • ProfileName : BIGLOBE
  • User name      : user
  • Password  : 0000
  • APN     : biglobe.jp
と設定します。





これで、設定完了です。
このあと、念のため再起動して、水色のランプが表示されればOKです。





 
       
★ランキング参加中★

我が家のわんこをぽちっ♪とねっ(別ウインドウで開きますよ~)

にほんブログ村へ
にほんブログ村

このページのトップヘ